永 渚

Clicado 1 semana, 3 dias atrás por usuário

国内繊維服装企業の対ベトナム投資が続いています。 韓国、ベトナム首脳会談の後、南シナ海政策の中核的なパートナーとなり、単なる紹興基地だけでなく、ベトナム内需のファッション市場など新市場にも進出することが期待されています。 LFは昨年、ベトナムのファッション流通企業KEI Tradingと「HAZES」ブランドの独占輸出契約を締結し、ベトナムに進出しました。ベトナム第一号店はロッテ百貨河内店で、男性、女性、アクセサリーラインの100平方メートル規模の総合売り場が集まっています。百貨店4階には、単独でゴルフラインを構成する「ハギスゴルフ」の単独店もオープンしています。 KEI Tradingはベトナム内で「混馬」、「チャンピオン」などのゴルフブランド、ファッションブランド「善才香」などの輸入ブランドを展開する専門流通会社です。 先月、孝盛はベトナムのファッション界のスターと提携契約(MOU)を結び、親孝行会社に適用される「Limeオレンジ」のユニフォームを発売した。2009年に発売された「オレンジ色」は、現在ベトナム南部で5つの売り場を持つ2番目のローカルブランドです。孝盛は「オレンジ」の新製品に様々な機能性原材料を適用するため、協力を強化し、現地市場での販売を拡大します。 東南アジアの韓流ブームの発祥地であり、人口1億人に近い巨大な内需市場を擁しており、ファッション市場の成長の可能性が高いと考えられています。 ファッション市場だけでなく、紹興基地としての役割も注目されています。韓国の対ベトナム繊維類の輸出は昨年29億8000万ドル(19億7000万ドル)で2位となり、輸入額は61億8000万ドルで、中国に次ぐ2位となりました。韓国勢の失業を含む綿紡企業など、大小の企業が市場に進出している。 韓国系失業代表のキム・益煥さんは、先日、文在寅大統領がベトナムを訪問する際に行われた韓国・ベトナム両国のビジネスフォーラムに参加し、今後の業務拡大案を検討しました。2001年にベトナムに進出した韓国の失業者と協力企業は毎年2万人以上の職員がベトナムで1億5000万着の服を作っています。 広報専門企業のJ.C.Adarはベトナムで多品種少量生産システムを構築しています。このため、先ごろベトナム支社を設立し、協力工場と生産システムについて協議しています。現在、生産工場の最低生産量は200セットで、Jのある服装は2 0件から注文できます。この多品種少量生産システムを開発しています。